名入れボールペン プレゼント・記念品に最適。名入れペンネットにご用命ください。

0120-164-264 年中無休9:00~18:00

よくあるご質問

Q;パッド印刷と彫り、どちらがおすすめでしょうか?

A;名入れ専用白軸ペン以外、海外ブランドを含めてすべてのペンは、元来、名入れ用に製作されているものではありません。そこに名入れをすることで撫すかしい面があります。ペン個々によって、彫りで完璧に仕上がるもの、彫りは出来ますがきれいに仕上がらないもの、彫りが不可能なものがありパッド印刷でも同じことがあります。そこで弊社では、すべて自社対応の中で知りえた情報をもとに「ペンごとに最適な印字方法」を提示させていただいています。
彫りの場合、仕上がりの文字色はペンごとに決まっています。掘って金色になるペンに銀色印字をご希望の場合はパッド印刷での対応をさせていただいています。

Q;パッド印刷での名入れボールペンの、即日発送は可能ですか?

A;名入れペンネットは、業界で稀に見る全て自社対応なので「パッド印刷での即日発送」の超短納期が可能です。その際も、通常発送の場合とまったく同じく丁寧仕上げが自慢です。最上仕上げのパッド印刷の場合は、版作成を含めていくつもの工程があり容易なことではありませんがお客様のご要望通りを実現するための努力を重ねています。

Q;名入れボールペンの印字の方法、パッド印刷以外には?

A;名入れボールペンの印字方法は、①パッド印刷 ②彫り(機械彫刻) ③フルカラー印刷 ④全面印刷があります。
中でも、名入れボールペンには「パッド印刷」が最上仕上げで、弊社が自信を持っておススメできる印刷方法で,特に個別名入れボールペンの仕上がりではお客様からも好評をいただいています。

Q;最短納期とありますが、急ぎの注文の場合は?

A;名入れボールペンを本日発送ご希望の場合は、まず、名入れペンネットサイトの「本日発送可能商品ページ」からご希望の商品を選んでいただきます。そして、当日正午までに、お支払い・ご決済を完了していただき、印刷情報のご確定をいただいた場合に限り「本日発送」が可能なります。それ以降の場合は「翌日発送になります。北海道・沖縄・離島の場合は原則・翌々日、それ以外は原則・翌日お届けです。

Q;名入れボールペンに印字をして発送までにはどんな工程がありますか?

A;名入れボールペンの印刷をするのには、まず、お客様のご希望に沿った①データ作成があります。
データの②校正完了のご確認をいただいてから③製版に取り掛かります。その版を使って④名入れ印刷です。1本ごとに吟味しての印刷終了後に⑤化粧箱入れ・包装仕上げ(その上から熨斗紙を付けることもあります)納品書を作成して送り状作成、⑥梱包をして発送。そのあとに⑦発送完了のご案内メール送付です。

Q;筆記体での個別名入れボールペンを注文するにはどうすればいいのですか?

A;名入れペンネットでは、名入れ印字を正確に迅速対応させていただくために、漢字で印字の場合は漢字で、筆記体を含むアルファベットの場合はアルファベットで、その際はなるべくそのままで「筆記体などへの文字変換可能」のために「半角アルファベット」でご提出いただきます。
それをもとに、名入れペン仕上りのイメージ画像を作成してご確認いただき、お客様にご納得いただいてからの名入れボールペン作成ですから安心していただけます。

Q;100人くらいの個別名入れペンですが大丈夫でしょうか?その場合の日数は?

A;個別名入れボールペン100本、大丈夫です。その際のお名前リストは、ご注文メール最下部の「ご要望欄」に全部羅列していただくのも一つの方法です。後は、ワード・エクセル・イラストレータでメール添付していただくことも可能です。100本でしたら、印刷着手でその日の内に完了します。今までには500余本の個別名入れをお受けしたこともあります。個別名入れボールペンが自慢の名入れペンネットです。本数的には無限での対応が可能です。

Q;個別名入れボールペン、中身の個人名が分かるようになりますか?

A;個別名入れペンは1本ごとにお名前印字が違いますが、複数本から数百本であっても化粧箱・包装紙仕上げの上にお名前シールを貼りますので中身の判別は容易で安心です。

Q;個別名入れペンの場合の印刷版代はいくらになりますか?

A;通常の名入れペンの場合は、本数ほぼ無制限で1枚の版で印刷可能ですが、個別名入れの場合は、印字するお名前の数の分だけの版が必要です。通常で、1枚4~5,000円の版を、名入れペンネットでは1枚2,000円、その1枚の版で5人分の印刷版が出来ます。なので、例といて50本の個別名入れペン作成には印刷版10枚が必要になり、2,000円×10枚で20,000円の版代という計算になります

Q;「名入れペンには最上仕上げのパッド印刷!」は、どうしてですか?

A;名入れペンネットの母体の株式会社ヒライケは,メガネのまち鯖江でメガネに印刷の経験済みです。パッド印刷は、物に対する印刷としては昔から今でも最上の方法です。印刷被謀体の1部材質を除いてほとんどの固形物への印刷に向いていて仕上りがシャープです。特に筆記体の仕上りは見事です。
お客様のご希望通りに仕上がるのはパッド印刷以外にありません。名入れ仕上りイメージ画像でご納得し、楽しみにに待っていただき、お届けしたあと、「想像以上の仕上りに感動です!」のメールをいただくのは「パッド印刷仕上げの名入れペン」の時だけです。