名入れボールペン プレゼント・記念品に最適。名入れペンネットにご用命ください。

0120-164-264 年中無休9:00~18:00
  • Home>
  • HOME>
  • 個別名入れペン パッド印刷でのこだわり

個別名入れペン パッド印刷でのこだわり

個別名入れボールペン
パッド印刷での「こだわり」

名入れボールペンの印刷方法に、パッド印刷があります。
名入れペンネットは、『メガネのまち鯖江』で経験と実績のパッド印刷会社です。メガネへの印刷はパッド印刷による精密印刷です。世界に誇れる鯖江のメガネへの印刷に携わってきた関係上、名入れペン業界の中でも名入れペンへの印刷にはこだわりを持っています。中でも、弊社のオススメとしている「個別名入れペン」には特にこだわりがあります。

ボールペンに限らず、ノベルティなどの成形品への印刷にもやはりパッド印刷が一番です。パッド印刷は本来、量産用です。あらゆる印刷機がそうであるように「単品印刷」では大変コスト高になるものです。

個別名入れペンは、
全て1本ごとの「手刷り印刷」です。

  • 通常の印刷と違って、手刷り印刷の場合は2人がかりの作業です。
  • 1本分の印刷版に合わせて1本のペンへ印刷のセット合わせをします。
  • スイッチを入れて「ガチャコン!」、印刷合わせに約10分かかって印刷は2秒です。
  • 1本ごとの点検も大事な作業のひとつです。
  • そのすべてにわたって印刷職人としての「こだわり」があります。

個別名入れペンは、
「こだわり」の筆記体

  • いつの間にか、「個別お名前入りペン」には「筆記体」になってしまいました。
  • 私が断然「お気に入り」です。
  • 当サイトでもアピールしています。
  • ユーザー様からも、「個別…」の場合、ほとんどが「そう」です。
  • 「素敵な仕上がりで満足です」と、よくメールをいただきます。
  • 実際、本当にいいんです!

作るものは、
なんでもそうですが…

出来上がったものを見ても、一見なんでもないようであっても、実は、作る人の想いがいっぱい詰め込まれているものです。例として、世界でも有名な鯖江のメガネがそうです。仕上がるまでの工程:200ほどの全てにおいて職人が大変なこだわりを持っての作業だから、いいものができるんです。

個別名入れペンの印字の場合は、ペンに対して印字色・フォント・文字の大きさ・文字の線の太さ、そして印刷技術におけるこだわりがいっぱいあります。

名入れペンの通常印刷は、
半自動です。

通常の印刷は5,000本、10,000本でも100,000本であっても、すべてが「半自動」で出来る作業です。
1時間にせいぜい10本までの「個別名入れペン」と違って、1時間に約500本の印刷です。
「お客様に喜んでいただく」という思いがなければできない作業です。

最高仕上げのパッド印刷

通常の名入れボールペンは勿論、最高級品での個別名入れボールペンも最高仕上げのパッド印刷で仕上げます。パッド印刷は元来は量産用の印刷方法なので、特に1本ごとの少数印刷には無理があります。

  • 個別名入れボールペンの1本でも、「印刷版が1枚」必要になります。
  • 名入れ印刷のためのインクは1本であっても、500本・1,000本印刷と同等分のインクが必要です。

パッド印刷での名入れペン仕上りは最高です。

  • 単品などの個別名入れペンにも「パッド印刷で…」との思いが弊社の「こだわり」です。

量産用の印刷機械を使っての手作業です。

  • インクを入れてセットをしてしまえば「カッチャコン、カッチャコン」と自動で印刷するところを、
    1本だけの印刷なので、手刷り印刷での吟味した作業になります。

パッド印刷は、ほかの印刷方法と違って仕上りが鮮明で、シャープさが違います。

  • 印字のデザイン・印字色など、お客様のご希望通りの仕上りになります。

パッド印刷に必要な「印刷版」、本来なら4,000~5,000円のパッド印刷版を、弊社では2,000円での計算でお客様へのご負担を抑えています。名入れペンネットのおススメは、パッド印刷での最高の名入れです。

  • いいペンに最高の名入れ印刷仕上がりが名入れペンネットの「こだわり」です。