名入れボールペン プレゼント・記念品に最適。名入れペンネットにご用命ください。

0120-164-264 年中無休9:00~18:00
  • Home>
  • HOME>
  • 名入れボールペン 印字方法

名入れボールペン 印字方法

■ 名入れボールペンの印字方法

一部の名入れ専用ペン以外のすべてのペンは、元々、名入れペン用に仕上がっていません。
剥がれたりでパッド印刷が無理なもの・彫りができないものなどで、そのペンごとに適した印字方法があります。
名入れペンネットでは、今日までの経験と実績により最適・最善の印字方法をとらせていただいています。

  1. パッド印刷
    ほぼすべてのものに対して可能な印字方法です。
    単色印刷が基本で多色の場合はその色数分の重ね印刷になり、色の重ね具合によっては不可能な場合もありますが、めがねの罰鯖江での精密印刷の経験の弊社ではより複雑な重ね印刷も可能としてお客様から好評をいただいています。
    また、限られたインク色の中での600種にも及ぶ調合色にも対応させて頂いています。
  2. 彫り(機械彫刻・レーザー彫刻)
    昔ながらの木製ペンと違って、現在の大半を占めている表面塗装仕上げ・メッキ仕上げのペンには従来の素掘りでは軸の素材を傷めてしまい後の変色・サビの原因にもなってしまいます。
    レーザー彫刻は表面の「塗装剥がし」「メッキ飛ばし」と言って、元の素材を傷めることなく表面を剥がして下地のメッキを露出するという仕上がりです。
    ペンの種類ごとに下地素材のメッキ色は決まっていますので、例えば彫りで金色仕上がりになっても銀色をご希望の場合は、各色可能なパッド印刷をおすすめしています。
  3. インクジェット フルカラー印刷
    インクジェット フルカラー印刷は、最新の印刷方法で写真・グラデーションなどの複雑な色使いに適した方法で、軸全面印刷にも適しています。
    ドット印字方法のため、パッド印刷のような鮮明さには欠け、密着性が悪いので色々と工夫を重ねているのが現状です。