名入れボールペンは名入れペンネットへ!記念品に、ギフトに、プレゼントに最上仕上げでお届け。
0120-164-264 年中無休9:00~18:00

製版

2013年3月13日


「製版」とは、そのままの「版を制作する」ことです。

名入れペンなどのノベルティに“名入れ”で一番活躍しているのがパッド印刷です。

 

そのパッド印刷には版が必要であり、その版作成には「版下」が必要です。

 

パッド印刷の場合の版下はポジフイルムです。

版下のポジフイルムといえばやはり写真焼付フイルムが鮮明さ(シャープさ)では一番です。

z18

(画像:版下用ポジフイルム)

 

製版には、当社の場合、通常は樹脂製を使用します。

 

樹脂板は、ポジフイルムを使って文字とか画像とかの印字したい部分を凹部状態に仕上げたものです。

 

凹部の深さの希望により樹脂板の種類が違います。

 

作製法として、

1、樹脂板にポジフイルムを重ね合わせます。

 

2、その上から特殊光線を当てます。

季節ごとの温度により、又、樹脂板の製造からの期間により異なりますが、今は特殊光線照射時間「60秒位」です。

光線照射により、文字・画像の黒い部分は光を通しませんので樹脂板表面は柔らかいままでそれ以外の部分は表面が効果しています。

 

3、アルコールにより樹脂板表面の洗い出し。

アルコールに浸かった若干硬い絨毯のようなモノの上に樹脂板をおいた状態での機械による回転(約20~30回転)をすることにより文字・画像の柔らかい部分を除去します。

 

4、アルコールの中から取り出して、さらに新しいアルコールを流してそのアルコールをかき落とし(特殊ヘラでのスキージ)します。

 

5、乾燥。

乾燥室(とは言っても小さいところ)に10~15分くらい入れて乾燥させます。

 

6、特殊光線照射をかけます。

特殊光線照射により、版全面を硬化させます。

 

7、仕上げ。

薄いシンナー(T-15)でキレイに拭き上げて完成です。

 

名入れペンネット https://www.nairepen.net/