名入れボールペンは名入れペンネットへ!記念品に、ギフトに、プレゼントに最上仕上げでお届け。

0120-164-264 年中無休9:00~18:00
  • Home>
  • HOME>
  • 人の心に留まった「ジェットストリーム」

人の心に留まった「ジェットストリーム」

2013年10月8日


「それ、ジェットストリームじゃないの!?」

数年前の話、私が何気なく使っていたボールペンを見ての娘の驚きでした。

 

“ジェットストリーム”

以前にも述べましたが、

ジェット機が飛び立つときの轟音、「ゴオーーー」。

遠くに飛び立ったためにその轟音は小さく小さくなります。

と同時に静かに音楽が成りそしてその時のナレーターの低く静かな話しぶり。

 

深夜のラジオ番組の、実に響きのいいタイトルでした。

夜遅くまで入学試験勉強に励んでいた人にははっきりと記憶に残っているものです。

 

何がすごいかって、

三菱社が「くせになる なめらかな 書き味」の画期的なインクの開発と同時につけた名前が大胆にも「ジェットストリーム」であり、それも「ジェットストリーム搭載ボールペン」です。

この場合の「搭載」が似合うのも「ジェットストリーム」だからです。

 

そのペンを持つことで「誇らしさ」がわくのも不思議です。

2-3

喫茶店なんかでの会話中、

「それってジェットストリームじゃないですか?」と声が出てしまうほどです。

言葉の響きが大きすぎて、全然ボールペンらしくない名前ですが、今ではしっかりと人の心に留まってしまいました。

そのペンの名前として提案した人もすごいですがそれに決断を下したときの上司もすごいと思います。

 

何を言いたいかと申しますと、

 

鯖江のメガネです。

 

デザインといい、細部にわたってのつくりといい、

 

“それはそれはいいものをつくっているんです”

 

私は、「メガネにパッド印刷」が元々の本業です。

鯖江のメガネにも、近隣国(?)のメガネにも印刷をしてきました。

 

断然、鯖江のメガネです。

いつか、

とある喫茶店で、

「えッ、それって鯖江のメガネですよねッ!」という声を聞きたいものです。

 

「アベノミクス」の言葉は踊りますが、まだまだ日本の経済は疲弊したままです。

いいものだから大事に長く使えて結局はお得なんです。

 

ボールペンもそうですが、

全てにおいて「MADE IN JAPAN」は素晴らしいんです。

そこが「日本の経済発展の源」だと私は思います。

 

思いっきり好きなことを書かせていただきましたが最後までありがとうございました。