名入れボールペンは名入れペンネットへ!記念品に、ギフトに、プレゼントに最上仕上げでお届け。
0120-164-264 年中無休9:00~18:00
  • Home>
  • HOME>
  • パッド印刷としての限界超え

パッド印刷としての限界超え

2013年9月25日


○○ライオンズクラブ様から2,000余本のご注文をいただきました。

名入れは、黒赤2色印刷なので4,000余ヶ所の印刷ということになりました。

7-1

上の画像は、パッド印刷の生命ともいえる「印刷版」です。

今回は、2色印刷なので

まず、①の部分を使って黒印刷をします。

次に、②の部分を使って赤印刷で重ね打ちをします。

 

そして出来上がるのが下の画像です。

 

7-2

ボールペンの円筒状のサイズから見て、印刷サイズは天地(H)5ミリくらいです。

大変に複雑な作りの「ライオンズクラブロゴマーク」を5ミリまで縮小すれば線なども全て細くなります。

 

パッド印刷での線の太さの限度は「0.1ミリ」が常識です。

それが今回は、0.05ミリです。

 

メガネのまち鯖江で鍛えのパッド印刷屋が営む名入れペンサイト「名入れペンネット」です。

メガネにはレンズ印刷もありますが、主に「テンプル」(腕・つる)への文字印刷です。

細いテンプルへの文字印刷サイズは、通常、天地(H)1ミリで、時には0.8ミリの文字印刷もあります。

 

今回のライオンズクラブロゴマーク部分はパッド印刷での限度を超えた印刷です。

「名入れペンネット」としては闘志の沸く仕事ですし仕上がりが楽しみでもありました。

 

当然、「ルーペ」などでしか見えないようなところです。

 

お客様から見て、「よく分からない」「少々のことは構わない」ようなところにまで「拘り」を入れての仕上がりでした。

 

これから、印刷入りのし箱に「赤インク替芯」と一緒の同梱作業です。

納期は、10/2必着なので余裕はありますが、ご注文が重なって休む間もない「不眠不休」です。

 

そんな中でも、

より多くのお客様に気持ちよく来ていただくために、お店の中を整理整頓し、ピカピカに磨き・外には水打ちをするように、

名入れペンネットサイト」の更新は毎日欠かさずを心がけています。